flyer_sorgue_2.png
 

Sorgue

10 mars - 22 mai 2022

 

LIVRE D’ARTISTE | GRAVURES | PEINTURES

 

Livre d’artiste Hélène Martin / Dominique-Pierre Limon

Ensemble de gravures et peintures de D.-P. Limon sur la Sorgue.

 

Tous les jours de 14h à 18h sauf le lundi.

Le billet d’entrée donne accès au musée, aux expositions et au jardin.

1_Affiche_Expo_On_sort_reserve_Acte_II_MUSEE_VOULAND_2022 copie.jpg

On sort de notre réserve ! Acte 2

12 février - 22 mai

C’est une nouvelle invitation à découvrir des œuvres sorties des réserves du musée Vouland. Paysages, scènes de genre et portraits, liés à la Provence et plus particulièrement à Avignon et son École des Beaux-Arts, mettent en relation des artistes des XIXe et XXe siècles.

Émile Loubon, Dominique Papety,  Eugène Lagier, Pierre Grivolas, Charles Vionnet, Claude Firmin, Clément Brun, René Seyssaud, Eugène Martel, Alfred Lesbros, Louis-Agricol Montagné, Auguste Chabaud, François Omer, André Rodet, Jean-Claude Imbert, Marcel Dumont, Jean-Marie Fage, Michel Steiner

Dans le prolongement du premier acte en 2021, des peintures et dessins liés à la région Provence-Languedoc dialoguent avec la collection d’arts décoratifs du musée Vouland. Cette exposition rappelle la double vocation du musée, les Arts décoratifs des 17e et 18e siècles, essentiellement parisiens, et les arts de la région Provence et Languedoc. Elle met en valeur des paysages du Vaucluse, à côté de portraits et de scènes de la vie quotidienne.

La collection « provençale » s'enrichit d’année en année depuis l’ouverture du musée en 1982. Cette année c’est une encre de Marcel Dumont qui rejoint la collection, après trois huiles de Jean-Marie Fage l’année dernière.

La première salle met en relation des paysages à l’aquarelle de Michel Steiner, la plaine du Rhône et les cerisiers en fleurs, avec des portraits de Clément Brun, Achille Moreau, en pied, archétype du portrait d’apparat de la fin du XIXe siècle, et une vieille comtadine, humble et discrète. Puis ce sont des vues d’Avignon d’Auguste Chabaud et de Clément Brun, et le Pont d’Avignon au pochoir d’Alfred Lesbros. Plus loin, un monumental bouquet de Tournesols de René Seyssaud semble dialoguer avec un étonnant Pêcher d’Alfred Lesbros. Puis, nous passons d’autres portraits d’apparat aux cafés du Revest-du-Bion.                          

 

Si ces artistes des XIXe et XXe siècles se côtoient au musée aujourd'hui, il faut rappeler que la plupart sont liés au foyer de création de l’école des Beaux-Arts d’Avignon, et que génération après génération, de Pierre Grivolas à Michel Steiner, nombreux sont les artistes exposés qui y ont été formés, y ont enseigné ou l’ont dirigée. On peut aussi rappeler qu’au début des années 1950, le jeune Jean-Marie Fage a fréquenté le vieil Auguste Chabaud, qui avait reçu l’enseignement de Pierre Grivolas.

 

Marcel Dumont ALPILLES

Exposition 

9 octobre - 31 décembre 2021

PEINTURES - DESSINS - COLLAGES - CARNETS - LIVRES D'ARTISTE

Cette exposition célèbre le  centenaire de la naissance du peintre Marcel Dumont (1921-1998). Conçue en diptyque, elle se déploie à Avignon au musée Vouland et à Saint-Rémy-de-Provence au musée des Alpilles.


Des Alpilles où il a vécu près de trente ans, Marcel Dumont "traquait la secrète structure des éléments, pierres et arbres, veinures et feuillages, ou alors, des paysages patiemment intériorisés, des espaces en leur épure de lumière. C'est dire que, ne s'arrêtant pas à l'aspect extérieur des choses, il cherchait avant tout à capter les souffles vitaux qui les animent, les poussées internes dont
elles sont habitées." (François Cheng, 2001)

AVIGNO~1.JPG
On sort de notre réserve
Exposition temporaire

18 juin - 26 septembre 2021

Émile Loubon, Dominique Papety, Pierre Grivolas, Charles Vionnet, Clément Brun, Eugène Martel, Louis-Agricol Montagné, François Omer, Jean-Claude Imbert, Jean-Marie Fage, Michel Steiner.

Peintures & dessins – Provence - XIXe & XXe siècles

Cet été, le musée donne à voir des œuvres des XIXe et XXe siècles issues de ses réserves, qui mettent en valeur la figure humaine. Portraits et scènes de genre dialoguent autour de trois paysages de Jean-Marie Fage qui viennent d’intégrer la collection de peinture et d’une salle consacrée aux « albums » et peintures de Jean-Claude Imbert.

 

Du café d’un village de Haute Provence à l’intérieur d’une filature de soie du Vaucluse, d’une vue de Gordes à celle de l'intérieur d’une ferme avignonnaise, d’un portrait d’apparat à un portrait plus intime, vous découvrez des peintures et dessins liés à la Provence, et plus particulièrement à Avignon et ses environs.

Affiche 2x2.jpg
展覧会「ジャン・マリー・フェイジ、見たものを描く」
2021年6月6日まで延長され、「まだすべてを見ていません!」という名前に変更されました。

「絵画は、画家と彼を取り巻く形や色の世界との間の愛の行為を翻訳することによって、生きることの幸せの現れである可能性があります。実際、私はもっと愛し、詩人が一目見ただけでは見えないものを示すことによって私たちが近づくのを助けるという時間の夜明けから受け取った部分を自分のやり方で理解しようとしています。 「」
 
ジャン・マリー・フェイジ

ソルグのほとりでの幼少期から、40年以上住んでいるリュベロンまで、ジャン・マリー・ファージュは一貫して静かな思索を誘う作品を制作しています。

1925年にリルシュルラソルグで生まれた彼は、子供の頃、目を失い、芸術と詩に対する初期の感受性を育みました。若い頃、彼はルネ・シャール、オーギュスト・シャボー、ジョルジュ・ブラックに出会い、アーティストになりたいという彼の願望を確認しました。彼は1950年にパリに移り、そこで絵画と並んで建築家の協力者となり、25年間で2番目の仕事になりました。 1963年、彼は光と「パターン」を求めてヴォクリューズに戻りました。空間と色に関する彼の研究は、彼を風景からワークショップ、そして抽象化に隣接する対照的な構成へと導きます。彼の最後の年に、彼は新しい次元、象徴主義者を引き受けた大きな構図を描くことによって屋外と形象に戻りました。

ヴォーランド美術館は、ジャンマリーフェイジ展をリサイクル、改造、再発明し、イルシュルラソルグのカンプレドンアートセンターに監禁されるわずか7日前と9日後に一般公開された光を追跡します。

©FabriceLepeltier

ヴォーランド美術館に招待されたアーティスト
現代アーティストによる彫刻や写真は、常設のコレクションや美術館の庭園と相互作用します。
ゲストアーティスト:GenevièveGleize、RaphaëlMognetti、RaphaëlThierry。
01_En scène_©g.gleize.jpg
ステージでは、最後の行為?
グランテアトロセルバンテス、タンジール、2016年
写真撮影
GenevièveGleize、写真家
GenevièveGleizeは、放棄された場所を調査、調査、写真撮影します。工場、刑務所、家、ビジネス、劇場。彼の視線は、場所とその素材に含まれる時間の深さを控えめに捉えています。彼の写真は活動の痕跡との通過を明らかにします
男性、光とそのフレーミングへの彼の注意、放棄の聖痕のプラスチックの性質。最後の行為で? 、GenevièveGleizeは、2016年にタンジールの「GranTeatro Cervantes」をさまよい、40年間放棄されました。 2018年、彼女はジャン・マリー・ファージュと一緒にヴォーランド美術館で開催された展示会Le Temps Suspendedに参加し、今年は2021年に延期されたテーマ別展示会Au fil deseauxに参加する予定でした。
2019年には、ジュヌヴィエーヴGleizeはデッド食料品店で写真ブリュッセル・フェスティバル2019を受賞しました。
Sculpture_Raphael-Mognetti_2020_1.jpg
スピニング、2011、スチール
 
ラファエル・モグネッティ、彫刻家
RaphaëlMognettiは、彼のお気に入りの素材である金属を、その技術的な制約を利用して生き生きとさせるのが好きです。彼の作品は、本質的に比喩的でグラフィックであり、時には空中的で夢のようなものであり、時には素朴で有機的なものです。彼の最初の彫刻は、教皇庁の背後にある旧オーバネル印刷機で作成されました。 1994年、ラファエルモグネッティは、1996年にドイツのブラウンシュヴァイクで1972年に生まれたアヴィニョンを離れる前に、建築と都市の規模で最初の作品を作成しました。彼は記念碑的な彫刻を制作し、ハンブルクのセンターデメティエデュメタールに参加しました。 2000年。2002年から2004年にかけてクロアチアを迂回した後、彼はプロヴァンスに戻り、アヴィニョンの近くにワークショップを設立しました。
空間と記憶の関係に敏感なラファエル・モグネッティは、場所、イベント、または人々のための作品を好みます。彼は、ミュージシャン、作家、ビジュアルアーティストとの芸術的な出会いやコラボレーションを高く評価しています。詩とルネ・シャールは、彫刻家と画家のジャン・マリー・ファージュを結びつけています。
QUOVADISdef1.jpg
Quo vadis 、2020年、ラス、石膏、金属
ラファエル・ティエリー、彫刻家
ラファエルティエリーは、いくつかのアイデンティティの下で彼の変幻自在な作品を提示します。画家、彫刻家、パフォーマー、彼は現実とその表現、サインと抽象化、思考の道の具体化を精査します。 2005年から2006年にかけて、彼はグラフィックデザイナーとしてのキャリアを断念し、プラスチックアーティストとしての仕事に専念しました。
ローマ。それ以来、彼は定期的に展示し、パフォーマンスや映画を実現し、
単独で、または4つの手でタンデム©®。 2019年初頭にパリのワークショップruedeTréviseを壊滅させたガス爆発の後、彼はアヴィニョンの近くにある他のワークショップに活動を集中しました。 Quo vadisは、2021年に延期されたテーマ別展示会Au fil des eauxで発表されました。この彫刻は、ラファエルティエリーが、ジャンマリーファージュのように、近くで育ったソルグに精通していることを思い起こさせます。また、ショップでは、フェデリコニコラオと一緒に、スーパードッグの冒険、子供向けの本、メデシマオンブラの木炭を見つけることができます。
montage autoportrait martel-imbert.jpg

 

間奏

ウジェーヌ・マルテルとジャン・クロード・インベール

2020年2月15日から6月14日まで

この数ヶ月のぶら下がりの間に、半世紀離れた2人の画家の間の対話を発見してください。ウジェーヌマルテル(1869-1947)とジャンクロードインベール(1919-1993)は、絵画への情熱、アヴィニョンのエコールデボザールへの訪問、オートプロヴァンスへの愛情を共有しています。これからは、ヴォーランド美術館のコレクションや、約30点の作品が展示されている展示室に集まります。日常、風景、ポートレート、自画像などのシーンを見ることができます。

 
 
VOULAND_EXPO_IMBERT_Affiche_QualiteMoyen

ジャン=クロード・アンベール展、対面

2019年6月26日から2020年1月5日まで

50 絵画、デッサン、アルバムの年

 

「」 私は私が描くものです 「」

 

ヴォーランド美術館は、彼の生誕100周年を祝うアーティストJean-Claude Imbert(1919-1993)のユニークで豊富な作品を公開しています。

この作品は、肉欲と精神、目に見えるものと見えないもの、光と影、プロヴァンスと嵐、寛大さと緊縮を組み合わせています。

ジャン・クロード・アンベールは、天秤座のサインの下で生まれたバランスを求めている男であり、8人の子供の父親であり、多作の芸術家であり、カリスマ的な教師です。

何日もの間、彼は言葉、グラフィック、黒、彩度の高い水彩画で精力的に遊んでいます。彼は油を厚い層でモデル化し、そこから形と光が現れます。この苦しめられた物質にはどのような謎が含まれていますか?

 

すべてのために

 

©lepeltier

 
 
 
YCT_Affiche_40x60_light-1.jpg

2月21日から6月9日まで :展覧会元チンター、アートはゲームです

絵画、ウォッシュ、プリント、セラミック、紙のインスタレーション

自然主義者、ヒューマニスト、元チンターは、生きている世界と現代社会を笑顔で見ています。彼の作品は、自由とユーモアのある人、自然、古典的な中国文化、現代西洋美術、政治風刺、社会批評と混ざり合っており、そこから大きな活力を発する豊富で繊細なプラスチック言語で表現されています。

 

ヴォーランド美術館は、この国際的に有名な現代台湾の芸術家を歓迎し、彼の装飾芸術コレクションとの遊び心のある、独創的で驚くべき対話を生み出す特権を持っています。

YUANCHIN-TAA展 袁金塔 アートはゲームです

一時停止

2018年7月3日から11月4日までの展示会

絵画、ドローイング、写真、陶芸、インスタレーション

から 19世紀から今日まで

コレクションMuséeVouland-プライベートコレクション-アーティストワークショップ

ピエール・グリヴォラス-クロード・フィルマン-クレマン・ブラン-ウジェーヌ・マルテル-ルイス・アグリコル・モンタニェ-フランシス・セラ- ジャン・マリー・フェイジ-ミシェル・シュタイナー-カミーユ・ヴィロット-ジャン・ピエール・ボレゼ-エルベ・ニシック-エマニュエル・カロー-ジュネーブ・グリーズ-  VirginieCadartTravadel-HervéJézéquel-CollectifSusannaLehtinenand Silvia  Cabezas-Pizarro-ガブリエルボニン

時間外の息吹として想像された中断された時間は、ミシェル・シュタイナーのグラフィック作品とフィリップ・ジャコットの詩を集め、19世紀と20世紀の地元の風景への進出を提供した展覧会「ヴォクリューズの光の中を歩く」を続けています。

ここで、「  18世紀の家 »ゴイヤーカルテル(壁掛け時計)のやさしい音に刺激されたこの展覧会は、ファーミン、マーテル、ブランなどのグリボラ世代のアーティストの作品と現代の作品とのつながりを提供します。訪問者は、熟考し、作品の時間、創造の時間、そして彼自身の時間の認識にとどまるように誘われます。線形、弾性、不連続時間 ?生きた時間、毎日、主観的、歴史的、地質学的、普遍的、... 

博物館のオブジェは時を逃れ、人生は過ぎ去り、私たちはそれを越えます...

グループは予約制で歓迎 (営業時間外を含む)

04 90 86 0379の予約

中を歩く ヴォクリューズライト
2017年12月1日から2018年5月13日まで 6月3日まで延長

光と詩、身近な世界の繊細な体験、ファッションの混乱や伝統の重みから解放されます。

絵を描く価値があるのは絵のようですか 彫刻家(ひいては、誰が喜ぶか、誰が魅力的であるか、その美しさ、色、独創性によって打つか)、または南の光への特別な注意、人生 と地元の風景を特徴づける アカデミックのないアヴィニョンの新しい学校 

ミシェルシュタイナー周辺、19世紀から現在まで :ピエールとアントワーヌ・グリヴォラス、アンリ・ボイヤー、チャールズ・ヴィオネ、クロード・フィルマン、クレマン・ブラン、ルネ・セイソー、ウジェーヌ・マルテル、アルフレッド・レスブロス、ルイ・アグリコル・モンタニェ、オーギュスト・シャボー、フランソワ・オメル、ガブリエル・ブレイユ、ギュスターヴ・ヴィダル、アンドレ・ロデ、ジャン・クラウ、Jean-Marie Fage、Patrick Joanin、Gilbert Bottalico、Vincent Broquaire

          ほこりっぽい光-

 きらめく、流れる光。

          ドライ、ドライライト-

          きらめく光。

                    フィリップ・ジャコット

Hortus 2.0

06/02から 2017年1月10日

庭園とその無限の驚異と変容をテーマにしたルート展。 Louis Vouland美術館からSaint-CharlesChapel、Angladon美術館まで、自然の豊かさや脆弱性に関心を持ち、新しいメディアの可能性を探求する約20のインスタレーションと12人のアーティストが共感します。 物質的および非物質的、音と匂い、視覚的および触覚的...これらの創造者のビジョンに立ち向かう機会 このテーマがすべての人の想像力に残していることをたどってください。

この旅に伴い、2017年9月のヘリテージデイズのランバートコレクションで、ヴィンセントブロクワイアのパフォーマンスが披露されます。

プロジェクトリーダー兼プロデューサー  EDIS(資金 運用)

場所

ルイヴォーランド博物館 /  アグラドン博物館 -ジャックドゥーセコレクション/サンシャルルチャペル /  ランバートコレクション

 

アーティスト

ヒチャムベラダ /  Vincent Broquaire  /  フランスカデット /  ミゲルシュバリエ / Edmond Couchot&Michel Bret / Bertrand Gadenne  /  ローラン・ペルノ /  シーンコスム /  アントワーヌシュミット /  佐藤桃子

プレスリリース

プレスキット

教育ファイル

インテリアエクステリア

2016年12月3日の 2017年5月14日現在

(美術館は1月と2月に閉館します)

これ ハンギングは、個人のコレクターからの貸し出しのおかげで、美術館のコレクションにあるクロード・フィルマンとウジェーヌ・マルテルの作品の新しい外観を提供します。これは、Céraの寄付(2015)とChabaudのセットプロジェクトによって拡張されています。

プレスリリース

​アヴィニョン学校の作品展

2016年12月3日から31日まで

火曜日から日曜日の午後2時から午後6時

アヴィニョンの学校の遺産の装飾で画家セクションの生徒によってVouland博物館のために想像された装飾。

ヴァザルリーの後、 ラビ(E)S

参加型プロジェクト クリスマスの迷路の期間中、

11月27日から31日まで 12月

火曜日から日曜日の午後2時から午後6時

XVIIIthと1950のベビーベッドとRaviselyde Titouからそう遠くない、 訪問者は、美術館の大きなオフィスに彼らの喜びの作品を残すように招待されています。

ヴィクトルヴァザルリMultipliCITE

2016年6月3日から10月2日までの展示会

三連祭壇画展 Victor Vasarely MultipliCITE、同時に エクスアンプロヴァンスとシャトーにあるヴァザルリ財団 ゴルドから。  

アヴィニョンシャッター 引っ越し ヴィクトル・ヴァザルリのオリジナル作品150点を発表 (1906-1997)、彼のトレーニングの広告グラフィックデザイナーおよびビジュアルアーティスト 1980年代の1928年から1929年にブダペストのバウハウスで。 個人コレクションからの多くの未発表のアイテムは、  17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションと ヴァザルリのプラスチックの世界。

 

プレスキット

教育ファイル

コレクションの充実

ぶら下げ 3月4日から5月15日まで 2016年

ぶら下がっている コレクションの充実 チャールズ・トーマスの3つの肖像画(ユージーン・ラジェ、ピエール・グリヴォラス)とマリー・ルイーズ・チャールズ・ルーの2つの肖像画、ニー・アルナボン(ドミニク・パプティ、エミール・ルーボン)を含む、チャールズ・ルー-デルドラゴコレクションから選ばれた肖像画を中心に展開しています。

これらの肖像画は、ウジェーヌマルテル(フアンマゼルから寄贈)による2つの作品と、寄付または購入によってコレクションに加わったクロードフィルマンによる一連のインテリアシーンと肖像画(オイル、パステル、ドローイング)と並んでいます。  

部屋は、2015年12月にVoulandMuseumのコレクションにFriendsof the Museumを通じて参加したFrancisCéra(1944-2015)による一連のパステルのLaureCéraの寄贈に捧げられています。

プレスリリース

ジャン・アンリ・ファブレ(1823-1915)

自然界の芸術

観察-(再)存在-送信

18歳から 2015年6月から9月6日

 

100年前に亡くなった有名な昆虫学者Vauclusienに敬意を表して、Jean-Henri Fabre(プライベートコレクション)による19の優れたキノコの水彩画を展示します。

飽くなき好奇心旺盛で「 比類のないオブザーバー "、彼は"を勉強しました 一般的なキノコ »昆虫が休んでいた冬のオリーブの木立から。 「」 私は説明し、描き、私は 手元にあるものは何でもペイントします。 (…)私のコレクションには一定の価値があります。芸術的なひねりが欠けていれば、少なくとも正確さのメリットがあります。  「」

ジャン・アンリ・ファーブルのきのこや写本を反映した昆虫学のコレクション、植物標本、植物のプレート、 " 昆虫のホメロス ''、人生があった現代の動物行動学者の先駆者 " 私たちが最初の茂みに投げない深刻なことが来る "。

プレスリリース