2021年
avignon_vouland_0162_mob_002_détail_carre©lepeltier.jpg

Samedi 23 octobre - 14h30 à 17h

Bonheur du samedi Carnets d'écritures au musée Vouland

Ateliers d'écriture animés par Isabelle Ronzier

Vous qui passez au musée Vouland, saisi par le charme des lieux et la beauté des objets d’arts décoratifs, vous vous êtes assis sous les arbres du jardin, bercé par le murmure de la fontaine et le bourdonnement des abeilles…


Prenez le temps de vivre une saison d’écriture au Musée


Un musée d’arts décoratifs : expérimenter un carnet d’esquisses par l’écriture
Un musée de charme : créer une galerie de personnages à partir d’un corpus littéraire choisi
Un musée jardin : écrire un journal au fil des saisons


Chaque proposition d’écriture sera éclairée par le regard de la médiatrice du musée sur les œuvres et sur les lieux. Aucun prérequis, toutes les plumes, toutes les langues sont bienvenues. Aucune forme ne sera imposée. Des retours, individualisés, pourront être faits à la demande des participants.


Les textes produits pourront faire l’objet d’un enregistrement et d’une restitution pendant la Nuit des Musées.

Il est conseillé de s’inscrire à l’avance, les ateliers étant limités à 12 participants. Le pass sanitaire sera exigé tant qu’il sera en vigueur. 

12 personnes maximum par atelier - 1 samedi par mois (14h30-17h) :

25 septembre 2021 / 23 octobre 2021 / 20 novembre 2021 / 18 décembre 2021 / 22 janvier 2022 / 19 février 2022 / 19 mars 2022 / 23 avril 2022 / 21 mai 2022

Tarif :

1 atelier 20€

Forfait 3 ateliers : 50€

Forfait année : 120€, payable en trois fois

+

 

entrée au musée 6€ / 4€. Il est conseillé d’adhérer aux  Amis du Musée Louis Vouland (27 €). La carte permet de bénéficier d’entrées illimitées au musée, et offre ainsi la possibilité de venir au musée ou au jardin pour écrire, se reposer, méditer, observer la nature, prendre le temps de vivre.

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Dimanche 24 octobre à 16h

Visite commentée de l’exposition "Marcel Dumont Alpilles"

Par Odile Guichard, conservatrice-directrice du musée Vouland.

Cette exposition célèbre le  centenaire de la naissance du peintre Marcel Dumont (1921-1998). Conçue en diptyque, elle se déploie à Avignon au musée Vouland et à Saint-Rémy-de-Provence au musée des Alpilles.

Sur réservation 04 90 86 03 79
Adulte : 8 € | Réduit: 6 € | Enfant (- 12 ans) : 2€
Durée : 1h30
17 Rue Victor Hugo
www.vouland.com

Dans le cadre de la semaine italienne à Avignon

Mardi 12 octobre - 14h30 - Visite commentée

Louis Vouland (1883 - 1973), industriel de l'agroalimentaire, s'est passionné au XXe siècle pour les arts décoratifs des XVIIe et XVIIIe siècles.
Cette visite s'arrête sur des objets de sa collection qui proviennent d'Italie comme les majoliques de Casteldurante, Urbino ou Faenza, dont le rayonnement a donné naissance au terme technique de céramique "faïence". La faïence est particulièrement bien représentée au musée Vouland par des pièces des célèbres de Moustiers et de Marseille, mais aussi de Delft, Nevers, Lyon, , Montpellier. Outre la céramique, ce sera l'occasion de s'arrêter sur certains meubles français pour évoquer ce qui les distingue ou rapproche de productions contemporaines italiennes.

Tarif : 4€

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Dans le cadre de la semaine provençale à Avignon

Samedi 9 octobre - 14h30 - Lecture

« Histoire du roi mort qui descendait le fleuve / Istòri dóu rèi mort qu’anavo à la desciso », Lecture du poème de Mas-Felipe Delavouët : présentation du texte, lecture en provençal et en français, par Céline Magrini, docteur ès lettres.

 

Un événement proposé par Parlaren Païs d’Avignoun et Provença Terra d’Oc - IEO 84.

Tarif : Participation libre et solidaire

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com
AVIGNO~1.JPG
On sort de notre réserve
Exposition temporaire

18 juin - 26 septembre 2021

Émile Loubon, Dominique Papety, Pierre Grivolas, Charles Vionnet, Clément Brun, Eugène Martel, Louis-Agricol Montagné, François Omer, Jean-Claude Imbert, Jean-Marie Fage, Michel Steiner.

Peintures & dessins – Provence - XIXe & XXe siècles

Cet été, le musée donne à voir des œuvres des XIXe et XXe siècles issues de ses réserves, qui mettent en valeur la figure humaine. Portraits et scènes de genre dialoguent autour de trois paysages de Jean-Marie Fage qui viennent d’intégrer la collection de peinture et d’une salle consacrée aux « albums » et peintures de Jean-Claude Imbert.

 

Du café d’un village de Haute Provence à l’intérieur d’une filature de soie du Vaucluse, d’une vue de Gordes à celle de l'intérieur d’une ferme avignonnaise, d’un portrait d’apparat à un portrait plus intime, vous découvrez des peintures et dessins liés à la Provence, et plus particulièrement à Avignon et ses environs.

AVIGNO~1.JPG

Samedi 25 septembre - 16h30 - Visite commentée de l'exposition temporaire

On sort de notre réserve

Visite de l'exposition temporaire On sort de notre réserve.

Présentation de peintures et arts graphiques centrés sur la figure humaine, les portraits et scène de genre, de peintres liés à la Provence (Dominique Papety, Pierre Grivolas, Charles Vionnet, Clément Brun, Eugène Martel, Louis-Agricol Montagné, François Omer, Jean-Claude Imbert, Jean-Marie Fage, Michel Steiner) des collections du musée Vouland conservées en réserve.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Samedi 25 septembre - 16h - Visite commentée des collections d'arts décoratifs

À table !

Journée internationale de la Gastronomie

Cette visite ouvre l’appétit ! Comment mangeait-on autrefois ? À quoi et à qui servait la vaisselle exposée ? Au musée Vouland, les faïences et porcelaines témoignent des arts de la 3 table de la haute société au XVIIe et XVIIIe siècles. Invités à comparer leurs habitudes à celles en vigueur dans les différentes strates de la société, les visiteurs prennent conscience que les objets correspondent à des usages et des modes de vie qui évoluent. Ils découvrent aussi le goût nouveau pour le thé, le café et le chocolat, qui étaient jusque-là méconnus en Europe. La visite se poursuit au jardin avec la dégustation de sirops parfumés aux plantes aromatiques.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com
Facebook_bandeau_événement_automne.jpg

Mercredi 22 septembre - 16h - Visite commentée du musée Vouland

L'automne sort de sa réserve

Tout bouge, les feuilles commencent à changer de couleur, virevoltent et tapissent le sol, les saisons se saluent mais tout reste dans le jardin du musée Vouland. Cette visite amène à regarder de plus près la biodiversité et les couleurs de l’automne en résonnance avec les motifs des collections d’arts décoratifs.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com
avignon_vouland_R000_int_2013_002©lepeltier-light.jpg

Mercredi 22 septembre à 14h30

Visite enseignants et animateurs

L'équipe du musée Vouland invite les professeurs et les animateurs de centres sociaux et de loisirs à venir (re)découvrir ce musée d'arts décoratifs.

Une occasion de se rencontrer et de discuter de projets pédagogiques potentiels. 

Réservations : 04 90 86 03 79 - communication.museevouland@gmail.com

avignon_vouland_Lecture_Bosco_2109_fond_dotation_D&D.jpeg

Journées Européennes du Patrimoine

Samedi 18 et Dimanche 19 septembre

"Patrimoine pour tous"

Samedi 18 septembre - de 14h à 15h30

Portrait, trait pour trait ? Visite commentée par la conservatrice

« S’il est vrai que le portrait permet l’idéalisation, la ressemblance doit pourtant y dominer ; c’est l’image idéale de tel ou tel homme, non l’image idéale de l’homme en général » écrivait le critique et théoricien allemand Lessing en 1766. A partir de portraits dessinés, gravés, sculptés et peints des XVIIe, XVIIIe, XIXe et XXe siècles, nous nous interrogerons sur ce qu’est un portrait aujourd’hui, et sur ce qu’il a pu être avant l’invention de la photographie.

Samedi 18 septembre - de 16h à 17h30

Derrière l'image, la place des femmes Visite commentée

Ce sont les femmes du XVIIIe au XXe siècle présentes au musée qui jalonnent cette visite. Si la plupart d’entre elles sont évoquées à partir de leur représentation, certaines le sont à partir de leur création ou d’objets qui ont été fabriqués pour elle ou leur ont appartenu.

Dimanche 19 septembre - de 16h à 17h30

Amateur et curieux Visite commentée par la conservatrice

Cette visite s’adresse à tous les curieux qui souhaitent découvrir la collection d’arts décoratifs des XVIIe et XVIIIe siècles de Louis Vouland (1883-1973), industriel de l’agroalimentaire né à Noves, mais aussi des dessins et peintures des XIXe et XXe siècle de l’exposition « On sort de notre réserve ! », l’architecture et le jardin du musée. Il s’agit de vous apporter quelques repères tant sur l’histoire du
quartier du musée que sur les ébénistes parisiens et les fabriques de faïence du XVIIIe siècle, tant sur des portraits ou scènes de genre que sur des peintres des XIXe et XXe siècles qui ont travaillé en Provence.

Dimanche 19 septembre - 18h

En Provence sur les pas de Bosco Lecture

par Jean-François Jung, photographe et Philippe Chauché, journaliste et auteur

Cet ouvrage-album joue le jeu d'un abord de l'écrivain par le "terroir" : des extraits romanesques d'Henri Bosco s'accotant à des photographies qui semblent « donner » du côté Sud… Mais en chemin se dessine l’image d’un autre pays que la Provence : il n’en diffère pas, mais se révèle territoire de l’esprit, pays intérieur, terre de poésie… Ce monde a ses repères : ce que Bosco nomme le site moral par exemple, conjonction des flux élémentaires du lieu, propice à l'amarrage de l'homme et de sa domus. La lecture en abordera d’autres : les bornes, le seuil, les signes, les présences… Et le foyer, incarné dans l'âtre et dans les lampes, qui le constituent face à la nuit.

Samedi et Dimanche 18 et 19 septembre - 13h à 18h

Murder party au musée Vouland ! Petits, grands, familles

Le musée propose différents documents, parcours-jeux, parcours « première visite » ou livret de visite qui vous permettent de découvrir le musée, l’exposition et le jardin à votre rythme, sérieusement ou en vous amusant. Que diriez-vous d’une murder party au cœur de l’après-guerre (1939-1945) ?

Sur inscription. Participation libre et solidaire.

Réservations : 04 90 86 03 79 - communication.museevouland@gmail.com

Pass sanitaire requis :

- vaccination complète (2 doses + 15 jours / 1 injection sans rappel)

- test PCR négatif de moins de 72 heures

- test antigénique négatif de moins de 48 heures

LOGO D&D quadri.png
8avignon_vouland_210709_lecture_femmes.jpg

Dimanche 29 août - 18h

Lumières sur les femmes du XVIIIe siècle à nos jours

Lecture au jardin par Clémence Cotte, Odile Guichard, Coline Robert

« Je vous fais ce récit pour vous prouver à quel point la passion de la peinture était innée en moi. Cette passion ne s’est jamais affaiblie ; je crois même qu’elle n’a fait que s’accroître avec le temps car, encore aujourd’hui, j’en éprouve tout le charme, qui ne finira j’espère qu’avec ma vie ».

                                                                                                           _ Mme Vigée-Lebrun

 

Cette lecture à trois voix invite à découvrir les pensées de femmes du siècle des Lumières à nos jours, ayant pris la plume pour raconter leur vie. Le regard des hommes accompagne les anecdotes, réflexions sur le travail et la prose poétique écrites par ces femmes remarquables. La musique se mêle aux mots. Textes de Mme de Genlis, Mme Vigée-Lebrun, M. Wandelaincourt, George Sand, Rosa Bonheur, Berthe Morisot, etc.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Et participation libre et solidaire

Réservations : 04 90 86 03 79 - communication.museevouland@gmail.com

(80 places)

Emmanuelle_Dauvin_210714.JPG

Vendredi 27 août - 20h30

Concert l'Ovni baroque

Emmanuelle Dauvin, violoniste et multi-instrumentiste, jouera dans le jardin du musée Vouland, des œuvres de H.I.F. Biber, J.S. Bach, Telemann et J.P. von Westhoff. La musicienne présentera à cette occasion son nouveau disque L'ovni baroque. Emmanuelle Dauvin s'inspire de la pratique musicale de Nikolaus Bruhns violoniste du XVIIe siècle qui s'accompagnait au pédalier de l'orgue. La musique apparaît, dans sa pureté la plus transparente et la plus intense.

Tarif plein : 14€, tarif réduit : 10€

Réservations : 04 90 86 03 79 - communication.museevouland@gmail.com

(80 places)

Musée Vouland__017.jpg
AVIGNO~1.JPG
avignon_vouland_evenement_tchekhov_210822
20200729161207_IMG_1980.JPG
AVIGNO~1.JPG
AVIGNO~1.JPG
avignon_vouland_0162_mob_002_détail_carre©lepeltier.jpg
Vouland_photo-mediation©mfalibert.jpg
AVIGNO~1.JPG
AVIGNO~1.JPG
avignon_vouland_0162_mob_002_détail_carre©lepeltier.jpg
AVIGNO~1.JPG

Mardi 24 août - 15h - Visite-atelier en famille, groupe ou en solo

Cherchez la petite bête

 

Découvrez le musée à partir de « sa faune » et observez les animaux représentés sur le mobilier et les objets d'arts décoratifs. Comment sont-ils représentés sur les tapisseries, les fauteuils, les meubles ou les assiettes en faïence des XVIIe et XVIIIe siècle ? Sont-ils réalistes, stylisés ou imaginaires ? Quels animaux peut-on observer dans le jardin du musée au fil des saisons ?

Après la visite, réalisez un décor d'assiette en vous inspirant des observations effectuées durant la visite.

 

Durée : 1h30

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2€ pour les enfants de – de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Mercredi 25 août - 16h - Visite commentée de l'exposition temporaire

On sort de notre réserve

Visite de l'exposition temporaire On sort de notre réserve.

Présentation de peintures et arts graphiques centrés sur la figure humaine, les portraits et scène de genre, de peintres liés à la Provence (Dominique Papety, Pierre Grivolas, Charles Vionnet, Clément Brun, Eugène Martel, Louis-Agricol Montagné, François Omer, Jean-Claude Imbert, Jean-Marie Fage, Michel Steiner) des collections du musée Vouland conservées en réserve.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Dimanche 22 août - 18h - Lecture

« Tchekhov et la musique »

Lecture musicale par Jacques Roehrich dans le jardin du musée Vouland.

Un événement organisé en partenariat avec le fonds de dotation D&D et le festival Trace de poète.

 

Tarifs : Participation libre et solidaire

 

Informations et réservations au 04 90 86 03 79​​

Mercredi 18 août - 16h - Visite commentée des collections

Collection d'arts décoratifs des XVIIe et XVIIIe siècles

Visite commentée des collections du musée Vouland acquises par l'industriel de l'agroalimentaire Louis Vouland (Noves, 1883 –Avignon, 1973) qui s’est passionné pour les Arts Décoratifs des XVIIe et XVIIIe siècles. Sa riche collection de meubles, faïences, porcelaines, tapisseries, horloges, objets d’art chinois est présentée dans son ancienne demeure. Ce musée intimiste favorise l’appréhension de l’esprit du XVIIIe siècle.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Mardi 17 août - 16h - Visite commentée de l'exposition temporaire

On sort de notre réserve

Visite de l'exposition temporaire On sort de notre réserve.

Présentation de peintures et arts graphiques centrés sur la figure humaine, les portraits et scène de genre, de peintres liés à la Provence (Dominique Papety, Pierre Grivolas, Charles Vionnet, Clément Brun, Eugène Martel, Louis-Agricol Montagné, François Omer, Jean-Claude Imbert, Jean-Marie Fage, Michel Steiner) des collections du musée Vouland conservées en réserve.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Mercredi 11 août - 16h - Visite commentée de l'exposition temporaire

On sort de notre réserve

Visite de l'exposition temporaire On sort de notre réserve.

Présentation de peintures et arts graphiques centrés sur la figure humaine, les portraits et scène de genre, de peintres liés à la Provence (Dominique Papety, Pierre Grivolas, Charles Vionnet, Clément Brun, Eugène Martel, Louis-Agricol Montagné, François Omer, Jean-Claude Imbert, Jean-Marie Fage, Michel Steiner) des collections du musée Vouland conservées en réserve.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Mardi 10 août - 16h - Visite-atelier des collections

en famille, groupe ou en solo

Prête-moi ta plume !

Au XVIIIe siècle, les conversations de salons, les correspondances, les discours, les essais, les mémoires, animent la vie culturelle, littéraire et philosophique. Cette visite agrémentée de lectures redonne vie au mobilier, du secrétaire au bonheur du jour, et évoque l’écriture par l’art de la correspondance. « Ma fille, […] ce sont des conversations que nos lettres ; je vous parle et vous me répondez ». Madame de Sévigné à Madame de Grignan. La visite est suivie d'un atelier d'écriture.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Mercredi 04 août - 16h - Visite commentée des collections

Destins croisés de femmes du XVIIIe siècle

Madame du Barry, Madame Favart, Pierrette Candelot, dite « la Veuve Perrin », Élisabeth Vigée-Lebrun, présentes dans les collections, nous invitent à entrer dans l’intimité et l’esprit du XVIIIe s., de Versailles à Marseille en passant par les scènes parisiennes.

Une immersion dans l’atmosphère des intérieurs du XVIIIe siècle.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Mercredi 28 juillet - 16h - Visite commentée de l'exposition temporaire

On sort de notre réserve

Visite de l'exposition temporaire On sort de notre réserve.

Présentation de peintures et arts graphiques centrés sur la figure humaine, les portraits et scène de genre, de peintres liés à la Provence (Dominique Papety, Pierre Grivolas, Charles Vionnet, Clément Brun, Eugène Martel, Louis-Agricol Montagné, François Omer, Jean-Claude Imbert, Jean-Marie Fage, Michel Steiner) des collections du musée Vouland conservées en réserve.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

Mardi 03 août - 16h - Visite commentée de l'exposition temporaire

On sort de notre réserve

Visite de l'exposition temporaire On sort de notre réserve.

Présentation de peintures et arts graphiques centrés sur la figure humaine, les portraits et scène de genre, de peintres liés à la Provence (Dominique Papety, Pierre Grivolas, Charles Vionnet, Clément Brun, Eugène Martel, Louis-Agricol Montagné, François Omer, Jean-Claude Imbert, Jean-Marie Fage, Michel Steiner) des collections du musée Vouland conservées en réserve.

Plein tarif : 8 €, tarif réduit : 6 €, 2 € pour les enfants de - de 12 ans

Informations et réservations au 04 90 86 03 79 / communication.museevouland@gmail.com

7月27日火曜日-午後4時-訪問-コレクションのワークショップ

家族、グループ、またはソロで

ペンを貸してください!

18世紀には、サロンでの会話、通信、スピーチ、エッセイ、回想録が、文化的、文学的、哲学的な生活を盛り上げます。読書で飾られたこの訪問は、秘書からその日の幸せまで、家具を生き返らせ、通信の芸術を通して書くことを呼び起こします。 「私の娘、[…]これらは私たちの手紙の会話です。私はあなたに話しかけ、あなたは私に答えます」。セヴィニエ侯爵夫人からグリニャン夫人へ。訪問に続いて、執筆ワークショップが行われます。

正規価格:8ユーロ、割引価格:6ユーロ、12歳未満の子供は2ユーロ

04 90 86 03 79 /communication.museevouland@gmail.comの情報と予約

7月21日水曜日-午後4時-コレクションのガイド付きツアー

17世紀と18世紀の装飾芸術のコレクション

17世紀と18世紀の装飾芸術に情熱を注いだ食品産業の産業家ルイ・ヴォーランド(Noves、1883 – Avignon、1973)が取得したヴォーランド美術館のコレクションのガイド付きツアー。彼の家具、陶器、磁器、タペストリー、時計、中国の美術品の豊富なコレクションは、彼のかつての家に展示されています。この親密な博物館は、18世紀の精神の理解を促進します。

正規価格:8ユーロ、割引価格:6ユーロ、12歳未満の子供は2ユーロ

04 90 86 03 79 /communication.museevouland@gmail.comの情報と予約

7月20日火曜日-午後4時-臨時展示会のガイド付きツアー

私たちは予備を残します

臨時展示会の見学予備を残します。

人物像、肖像画、ジャンルのシーンを中心とした絵画やグラフィックアートのプレゼンテーション、プロヴァンスに関連する画家(ドミニク・パプティ、ピエール・グリヴォラス、チャールズ・ヴィオネ、クレマン・ブラン、ウジェーヌ・マルテル、ルイ・アグリコル・モンタニェ、フランソワ・オメル、ジャン・クロード・インベール、ヴォーランド美術館のコレクションからのジャン・マリー・ファージュ、ミシェル・シュタイナー)は予備として保管されていました。

正規価格:8ユーロ、割引価格:6ユーロ、12歳未満の子供は2ユーロ

04 90 86 03 79 /communication.museevouland@gmail.comの情報と予約
Emmanuelle_Dauvin_210714.JPG

2021年7月14日水曜日-午後2時30分、午後4時、午後5時30分

博物館のバロックUFO

ヴァイオリニストでマルチインストゥルメンタリストのEmmanuelleDauvinは、オルガンのペダルに同行した17世紀のヴァイオリニストNikolausBruhnsの音楽活動に触発されています。ヴァイオリニストは、午後2時30分、午後4時、午後5時の小さな音楽シーケンス中に、装飾芸術コレクションで演奏します。彼女はまた、最近リリースされたアルバムL'ovniバロックを発表します。

正規価格:8ユーロ、割引価格:6ユーロ、12歳未満の子供は2ユーロ

04 90 86 03 79 /communication.museevouland@gmail.comの情報と予約
AVIGNO~1.JPG

2021年7月13日火曜日-午後4時-臨時展示会のガイド付きツアー

私たちは予備を残します

臨時展示会の見学予備を残します。

人物像、肖像画、ジャンルのシーンを中心とした絵画やグラフィックアートのプレゼンテーション、プロヴァンスに関連する画家(ドミニク・パプティ、ピエール・グリヴォラス、チャールズ・ヴィオネ、クレマン・ブラン、ウジェーヌ・マルテル、ルイ・アグリコル・モンタニェ、フランソワ・オメル、ジャン・クロード・インベール、ヴォーランド美術館のコレクションからのジャン・マリー・ファージュ、ミシェル・シュタイナー)は予備として保管されていました。

正規価格:8ユーロ、割引価格:6ユーロ、12歳未満の子供は2ユーロ

04 90 86 03 79 /communication.museevouland@gmail.comの情報と予約
FAVART_REC_EP_0665.jpg

2021年7月6日火曜日-午後4時-コレクションのガイド付きツアー

18世紀の女性の交差した運命

コレクションに登場するデュバリー夫人、ファヴァール夫人、ピエレットカンデロット、「ヴーヴペリン」として知られるエリザベートヴィジェレブルンは、ヴェルサイユからマルセイユまで、18世紀の親密さと精神に私たちを招待します。パリのシーン。

18世紀のインテリアの雰囲気に浸ります。

正規価格:8ユーロ、割引価格:6ユーロ、12歳未満の子供は2ユーロ

04 90 86 03 79 /communication.museevouland@gmail.comの情報と予約
美術館のヨーロッパの夜
2021年7月3日土曜日午後6時30分から午後9時
無料参加
ヨーロッパの美術館の夜の第17版では、17〜18世紀の装飾美術コレクションのオブジェクトが沈黙から抜け出し、自分自身を表現しています... 4年生の作品を(QRコードを点滅させて)聞いたり見たりします。ヴォーランド美術館と提携して文学の教授が主導する教育プロジェクトの一環として、演劇の執筆ワークショップ中に出かけました。これらの短編小説には健全な環境が伴い、オブジェクトは生き生きと表現されます。

2021年6月6日土曜日と7日日曜日:ランデブーオージャルダンの週末

コレクションの重要な延長として考えられているこの庭園の歴史、生物多様性に有利な管理、そして多くの種類の植物を紹介します。  

あなたはそれについて何も知らないのですか?

ジャン=ジャック・ルソーのこれらの言葉で安心してください。18世紀の哲学者は、「名前で1つの植物を知らなくても、非常に優れた植物学者になることができる」と考えました。彼は、「どんな年齢でも、自然の研究は軽薄な娯楽の好みを鈍らせ、情熱の混乱を防ぎ、その熟考の最も価値のある目的でそれを満たすことによってそれを助ける栄養を魂にもたらすと確信していました。」

2020年6月20日-2021年1月3日: 展覧会「ジャン・マリー・フェイジ、私は見たものを描く」 は2021年6月6日まで延長され  「まだすべてを見ていません!」に名前が変更されました。
ソルグのほとりでの幼少期から、40年以上住んでいるリュベロンまで、ジャン・マリー・ファージュは一貫して静かな思索を誘う作品を制作しています。

表示またはレビュー(下記):
  • 展示トレーラー
  • ジャン・マリー・フェイジの子供たちの目を通しての絵
5月29日土曜日-午後4時-FAGEラッフルの抽選/ Vouland Museum「まだすべてを見ていません!」
20の賞品を獲得するために、庭でフレンドリーなひとときをお過ごしください。まだチケットをお持ちではありませんか?ここをクリック
ゲージには限りがありますのでご注意ください。入り口はアナネル通りを経由し、美術館へのアクセスはできません。
登録時:04 90 86 03 79
博物館へのアクセスを許可しません
抽選 結果を確認するには、ここをクリックしてください
2020
 
訪問-午後2時30分から午後4時30分までの17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションのワークショップ。

10月28日水曜日:小さな獣を探してください!

10月30日(木):どんな木でできていますか?

/!\キャンセル済み/!\ 10月23日金曜日:装飾的な構成を作成します

 

小さな獣を探してください!

このワークショップ訪問では、17世紀と18世紀の家具や装飾美術品に描かれている動物を観察するために、「その動物相」から博物館を発見するように子供たちを招待します。常設コレクションの家具、陶器、タペストリーの装飾に隠された標本や現実的で様式化された、または想像上の小動物から、若い訪問者は陶器メーカーのスタイルでプレートの装飾を作成します。この訪問ワークショップは、子供たちに生命、生物多様性、そして私たちの生態系におけるこれらの動物の役割を認識させます。

あなたはどんな木でできていますか?

優れた家具(秘書、その日の幸福、オランダの内閣など)を発見し、それらを構成する森に慣れた後、子供たちは18世紀のマーケトリーの花の装飾に触発された装飾モチーフを作成します。異なる種を区別するための木材の日陰のサンプル。  

 

あなたの装飾的な構成を作成してください!

この活動は、象眼細工の家具、内部の物体、タペストリーの間で、コレクターのルイ・ヴォーランドの旧邸宅での訪問中に行われた観察から装飾を想像することを提案します。物質的なアプローチで、ワークショップ中に作成した形やパターンに触れて操作することにより、子供たちは視覚的な宇宙を発明します 17世紀と18世紀の装飾芸術作品の装飾の様式化された自然のそれを彷彿とさせるエキゾチックな形で。

 

博物館内のワークショップ、  

訪問-7歳からのワークショップ(11歳から必須のマスクを着用)

価格:8€

04 90 86 0379に予約が必要です

営業時間外(料金:10€/子供)など、他の時間に予約することもできます。 

10月27日火曜日-午後2時30分-コレクションのガイド付きツアー
/! \ 遅らせた /! \
Vouland Museumにアクセスして、「居住」などの健康危機の時代における私たちの新しい経験に共鳴するテーマを探索してください。  "、"  五感 "、"  プライベートスペース-パブリックスペース "、"  動く »...美術館の住居を反映しています。
登録時:04 90 86 03 79
大人 :8€|削減:6€|子供(-13歳):€2
11月14日土曜日-午後3時-サイクル「アーティストの言葉」
写真家イヴ・ミュラーとの出会い。
/!\延期/!\

「過去35年間の私のヘリオグラフィック研究の究極の真の主題は、写真そのものです。 「」

イヴ・ミュラー

彼らがアーカイブの束に寄り添うかどうかにかかわらず、切り石の侵食、痕跡、ベッドのくぼみ、時間と記憶がイヴ・ミュラーの写真に浸透しています。彼のイメージ、凝縮された時間の敏感な断片は、一連の変容、二重の意味、兆候または逆転を開き、それは熟考と空想を招きます。
イヴ・ミュラーはケルンとアヴィニョンの間で彼の人生を共有しています。彼の写真作品は隠された側面を明らかにしています。
この会議の間、彼はアヴィニョンの中心部にある彼の新しいワークショップで彼の作品を発表します。

美術館での打ち合わせ、アーティストのスタジオでの打ち合わせ

登録時:04 90 86 03 79
大人:6€| 4ユーロの削減+無料および連帯参加
11月14日土曜日午後6時から午後10時までヨーロッパ美術館の夜

/!\キャンセル済み/!\

ガイド付きツアー午後5時45分と午後6時45分
ジャン・マリー・フェイジ「私は見たものを描く」。
「今日の芸術は、ほとんどの部分で逸話を捨てる余裕があります。美への探求へのこの開かれた扉は存在し、それなしでは私たちは動かされたり、戦闘したり、生きたりすることはできません。
ジャン・マリー・フェイジ
 
Jean -MarieFageです。95歳。彼は子供の頃から絵を描いていました。2歳のとき、彼は目を失い、芸術と詩に対する初期の感受性を育みました。若い頃、彼はルネ・シャール、オーギュスト・シャボー、ジョルジュ・ブラックに出会い、アーティストになりたいという彼の願望を確認しました。 1950年、彼はリルシュルラソルグを離れてパリに向かい、そこで絵画と並んで建築家として働き、25年間で2番目の仕事をしました。 1963年、彼は光と「パターン」を求めてヴォクリューズに戻りました。空間と色に関する彼の研究は、彼を風景からワークショップへ、形象から抽象化に隣接する構図へと導きます。彼の最後の年、ブドウの木の真ん中にある彼のスタジオで、彼は象徴主義の次元をとる大きな比喩的な構成を描きました。   

予約必須(グループ≤10人または衛生対策の進展に応じて制限)

無料参加

 

磁器と大砲-午後6時15分
ムーリオン大学(ヴィルヌーヴレザヴィニョン)のソニアガルシアタハール教授と
4年生による美術館でのワークショップ作品の発表。
教育プロジェクトを監禁期間に変えるにはどうすればよいですか?
1788年5月16日です。M。とMmed'Uzègeには数人の友人がいるサロンがあります。 2つのジョークの間に、私たちは世界と科学を作り直します...しかし、怒りは使用人の間で轟音を立てます。
5月の星空の下で美術館で一夜を過ごしたとき、ムーリオン大学(ヴィルヌーヴレザヴィニョン)の4th2の学生が、革命の前夜に私たちを邸宅に連れて行ってくれました。彼らは博物館で18世紀のコレクションから書いたテキストを解釈しなければなりませんでした。博物館の。
監禁は彼らに彼らのテキスト、アニメーション映画から革命の始まりを表現するために別の形を発明することを余儀なくさせました。
ユーモアに満ちたこれらの映画のいくつかは、この秋の美術館の夜にソニア・ガルシア・タハールの手紙の教授によって提示され、彼らの執筆作業の進捗状況と必要な適応についても説明しています。
ヴィルヌーヴレズアヴィニョンのルムーリオン大学と提携。
教師のソニア・ガルシア・タハール、ステファニー・ホラード、アルメル・デュモン、俳優のロイック・ボーシェ(Cie Kronope)が参加するプロジェクト

予約必須(グループ≤10人または衛生対策の進展に応じて制限)

無料参加

午後2時30分から午後4時30分までの展示会のワークショップをご覧ください。
10月21日水曜日:背景が緑色の自画像?
10月22日木曜日:ソルグの謎
10月23日金曜日:テーブルのテーブル
ジャン・マリー・フェイジ展「私は見たものを描く」を訪れた後、テーマ別のワークショップで子供たちを招待します。
テーマの詳細:

 

緑の背景の自画像?  

自画像に関するワークショップ:子供たちは、ジャン・マリー・フェイジのさまざまな自画像(フレーミング、ポーズ、視線、視点、フォーマット、テクニック、構成、装飾、アクセサリーなど)を発見し、観察してから、自分の作品を作成します。自撮りや自画像から発明の人物までの自画像。子供たちは自分自身や他の人の写真を持って来ることができます(彼らを変えるために)!  

 

ソルグの謎 

ジャン・マリー・フェイジはソルグのほとりで生まれました。彼は子供の頃から世界を詩人と見なし、1948年にルネ・シャールと会って以来、詩人のコレクションを描いた詩人の友人に常に囲まれてきました。子どもたちは、詩を描いたり、言葉や詩の抜粋で遊んだり、画像のアルバムを作成したりするように招待されています。これは、書くこと、描くこと、コラージュを組み合わせた詩です。  

テーブルのテーブル 

子供たちは、絵画が表現されているジャン・マリー・ファージュの絵画だけでなく、彼の詩のイラストや絵画で繰り返されているモチーフを発見するように招待されています。ワークショップでは、展覧会や庭の植物にインスピレーションを得たステンシルを作成し、構図を想像します。

 

7歳から

価格:8€  

11歳以上の子供は訪問中にマスクを着用する必要があります。  

04 90 86 0379の予約 

営業時間外(料金:10€/子供)など、他の時間に予約することもできます。  

10月20日火曜日-午後5時-展示会のガイド付きツアー
ジャン・マリー・フェイジ「私は見たものを描く」

この展覧会では、17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションとの前例のない肥沃な対話のための美術館の住居である20点を含む、ジャンマリーフェイジの約100点の作品を紹介します。この訪問は、リル・シュル・ラ・ソルグでの幼少期からラコステ周辺での成熟まで、モン・ド・ボークリューズの風景を通して、ジャン・マリー・ファージュとプロヴァンスとのつながりに焦点を当てています。これは、カンデレと13のグループへの参加、ルネシャールとの出会い、オーギュストシャボーとの友情を思い出し、ヴォクリューズの芸術家が好む屋外のモチーフを描くことで発見する機会です。

プロヴァンスの週の一部として 

予約時0490 86 03 79

  •   土曜日の午前10時から午後4時: 「笑いと華やかさ」(EHDのレポート)

読書-クレメンスコッテ-ジャンヌデュプラ-アメリピエール-コリンロバート。

 

「通常の教育の大きな欠陥に注意してください。私たちはすべての喜びを一方に置き、すべての退屈をもう一方に置きます[…]したがって、この順序を変えて、研究を楽しいものにしてみましょう。」フェネロン

 

「唯一の本当の知識源は感覚です。 »コンディラック

 

この4つの声の読み方は、17世紀から19世紀までの啓蒙時代にまたがり、教育のさまざまな概念を表現または証言するテキストを選択できます。対位法では、現代のテキストの句読点。

フェネロン、ルソー、コンディラック、マダムドメンテノン、マダムドジェンリス、マダムビジェレブルンによるテキスト..。

 

価格6€/ 4€
12歳未満の子供は無料

04 90 86 0379での登録時

10月17日(土)午後2時30分展示会のガイド付きツアー

ジャン・マリー・フェイジ「私は見たものを描く」
2020年に(非常に)年をとること!

2020年10月17日土曜日、Jean-MarieFageは95歳です。  

この訪問は、1925年にリルシュルラソルグで生まれた芸術家のキャリアを思い起こさせます。それは彼の若者、特にルネシャール、オーギュストシャボー、ジョルジュブラックの決定的な出会いであり、芸術家になりたいという彼の願望を裏付けています。そして1950年に彼をパリに定住させました。その後、彼は建築家との協力者となり、25年間で2番目の仕事になりました。 1963年、彼は妻と4人の子供を連れてボークリューズに戻り、アヴィニョンのリルシュルラソルグ、そして40年以上にわたって田舎に住み、絵画に専念してきました。それは、95歳で驚異の能力を保持し、詩で現実を転写する芸術家のコースを想起させることについてです。

 

予約時0490 86 03 79

lecture_jardin.jpg
10月17日土曜日-午後4時30分-アーティストの言葉のクロスリーディング

パロル・ダルティスト・コレクションの第100巻の出版の際に、フランシス・ベーコンからウォルズへの言葉とミシェル・アンジュに捧げられた新しいタイトルのクロスリーディングを通じて、この一連のポケットサイズのモノグラフィック作品を強調しています。 、マリー・ローランサン、ジョルジョ・デ・キリコ、ルネ・マグリット、マーク・ロスコ、またはニコラ・ド・スタール!

 

Fageéditionsによって想像され、出版されたタイトルは、アーティストの世界に非常に多くの扉が開かれ、インタビュー、通信、またはアーティスト自身による執筆から取られた代表的な作品と引用の30の複製に直面しています。

 

アーティストの言葉のサイクル

予約時0490 86 03 79

大人:6€| 4€削減 

10月7日水曜日-午後5時-展示会のガイド付きツアー
ジャン・マリー・フェイジ「私は見たものを描く」

この展覧会では、17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションとの前例のない肥沃な対話のための美術館の住居である20点を含む、ジャンマリーフェイジの約100点の作品を紹介します。この訪問は、リル・シュル・ラ・ソルグでの幼少期からラコステ周辺での成熟まで、モン・ド・ボークリューズの風景を通して、ジャン・マリー・ファージュとプロヴァンスとのつながりに焦点を当てています。これは、カンデレと13のグループへの参加、ルネシャールとの出会い、オーギュストシャボーとの友情を思い出し、ヴォクリューズの芸術家が好む屋外のモチーフを描くことで発見する機会です。

プロヴァンスの週の一部として 

予約時0490 86 03 79

自由で連帯の参加

01_En scène_©g.gleize.jpg

/!\ 10月6日火曜日午後6時まで延期-とのミーティング

GenevièveGleize、写真家

 

GenevièveGleizeは、廃墟となった場所、工場、刑務所、家、ビジネス、劇場を調査、調査、写真撮影しています。彼の視線は、場所とその素材に含まれる時間の深さを控えめに捉えています。彼の写真は、男性の活動と通過の痕跡、光への注意とフレーミング、放棄の聖痕の可塑性を明らかにしています。

GenevièveGleizeが生き物を見るとき、彼女は身振りやつかの間の表現の優雅さに共感します。

 

04 90 86 0379の予約で

無料&連帯参加

10月3日土曜日-午後4時30分-「17世紀のアヴィニョンの建築家、フランソワ・ロイヤース・デ・ラ・ヴァルフェニエール」 
ヴォクリューズの古物と芸術のオブジェのキュレーターであるアラン・ブルトンによる会議。

建築史家のアラン・ブルトンが、アヴィニョン出身の17世紀の建築家、フランソワ・ド・ロワイエ・ド・ラ・ヴァルフェニエール(1575-1667)のプロジェクト、業績、人生を検証します。  

プロヴァンスの週の一部として
予約時0490 86 03 79

価格6€/割引4€/無料の子供-12歳と無料&連帯参加

 

©photographMartineAudibert

9月25日金曜日-午後2時30分-コレクションのガイド付きツアー

ヴォーランド博物館を訪れ、 「生きる」、「五感」、「私的空間-公共空間」、「動く」など、健康危機の時代における私たちの新しい経験に共鳴するテーマを探求してください...博物館の住居を反映しています。

登録時:04 90 86 03 79
大人:8€|削減:6€|子供(-13歳):€2
9月22日火曜日-午後5時30分-展示会のガイド付きツアー
ジャン・マリー・フェイジ「私は見たものを描く」

この展覧会は、17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションとの前例のない肥沃な対話のための美術館の住居での20を含む約100の作品を紹介します。 Jean-MarieFageです。94歳。彼は世界を詩人と絵画として見ることを決してやめませんでした。デザイナー兼カラーリストである彼は、現実を精査し、書き写します。リル・シュル・ラ・ソルグで生まれた彼は、子供の頃に片目を失い、芸術と詩に対する初期の感受性を育みました。若い頃、ルネ・シャール、オーギュスト・シャボー、ジョルジュ・ブラックとの出会いは、アーティストになりたいという彼の願望を裏付けました。パリで数年過ごした後、彼はヴォクリューズに戻り、40年以上の間、自然の中心にある彼のスタジオで絵を描くことに専念してきました。風景からワークショップまで、ジャン・マリー・フェイジは、彼が分解し、一連の計画で再構成する空間と色彩の調和に関する研究を展開しています。

 

予約制(グループ10名様限定)

大人:8€|削減:6€|子供(-13歳):€2
post-instagram-sans texte.jpg
ヨーロッパ遺産の日
「遺産と教育:人生のために学ぶ!」
ヴォーランド博物館で
2020年9月19日と20日午後2時から午後7時
無料&連帯参加

17世紀と18世紀の装飾芸術|ジャン・マリー・フェイジ展「見たものを描く」 |ガーデン|訪問|ゲスト

  • /! \ 遅らせた /! \ 土曜日19日午後2時30分から午後4時30分まで:「クラフトと知識とノウハウの伝達」

職人との出会い

 

マーク・アンゴスト-クリストフ・オムネス-ジャン・ギャロン-ジョヴァンニ・タオルミーナ、4人の職人-修復者は、17世紀と18世紀の美術館の装飾芸術コレクションに関連して、最初のトレーニングから今日まで、彼らの仕事とキャリアを紹介します。

 

20世紀と21世紀の知識とノウハウの伝達は、17世紀と18世紀にヴォーランド美術館のコレクションでオブジェクトや家具を製造した職人が楽しんだものと比較できますか?

マーク・アンゴストとクリストフ・オムネス、大工-キャビネットメーカー、木工技術について。ジャン・ギャロン、シーザー、革技術の周り。ジョヴァンニ・タオルミーナ、絵画の修復者、絵画技法について。

 

会議は美術館の庭で行われます。

翌日、9月20日日曜日の午後2時30分には、17世紀と18世紀の貿易と教育の問題に焦点を当てたコレクションのツアーをたどることができます。

 

04 90 86 0379での登録時

  • 土曜日19日午後5時から午後6時30分まで:「父から息子と娘へ!? 「」

画家ジャン・マリー・ファージュの子供たちとの展覧会の訪問

 

「私はポートレートをやっていて、それが正しいと思ったように見えたら、先生がいなかったので、先生に取って代わりました。 「」

 

1925年にソルグのほとりで生まれたこの子供はどのようにして画家になりましたか? 10代のジャン・マリー・ファージュは、石工の父の石膏バッグをリサイクルして、隣人の先生から渡された最初のキャンバス、肖像画、風景、白黒の複製のカラーコピーを描きました。その後、一連の会議で画家としての彼の職業が確認されます。一方、彼の4人の子供は、絵画、芸術、詩で育ちました。彼らにとって、家族と一緒に美術館や展示会を訪れることは、市場に行くのと同じくらい自然でした!アートの世界に精通していることで、彼らにどのような遺産がもたらされますか?画家の子供、大人の会社でのジャン・マリー・フェイジ展「私は見たものを描く」の発見...  

04 90 86 0379での登録時

  • /! \ 遅らせた /! \  土曜日19時19時: 「笑いと華やかさ」

読書シルビー・ダーベック-クレメンス・コット-ジャンヌ・デュプラ-コリン・ロバート

 

「通常の教育の大きな欠陥に注意してください。私たちはすべての喜びを一方に置き、すべての退屈をもう一方に置きます[…]したがって、この順序を変えて、研究を楽しいものにしてみましょう。」フェネロン

 

「唯一の本当の知識源は感覚です。 »コンディラック

 

この4つの声の読み方は、17世紀から19世紀までの啓蒙時代にまたがり、教育のさまざまな概念を表現または証言するテキストを選択できます。対位法では、現代のテキストの句読点。

フェネロン、ルソー、コンディラック、マダムドメンテノン、マダムドジェンリス、マダムビジェレブルンによるテキスト..。

04 90 86 0379での登録時

  • 日曜日20日午後2時30分から午後4時まで: 「送信と親子関係」

17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションのガイド付きツアー/ Odile Guichard

この訪問は、ピエール・ミジョンIV、ジャン・バプティスト・トゥアート、ジョセフ・ヴェルネ、未亡人ペリンとして知られるピエール・カンデロット、ジュスティーヌ・ファヴァルなどの人々、家具職人、画家、女優の旅を、親子関係と伝達の知識の観点から呼び起こします。 17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションからのノウハウ。

また、ノヴの農産食品実業家であり、熱心なコレクターであるルイ・ヴォーランド(1883-1973)に敬意を表する機会でもあります。  

04 90 86 0379での登録時

  • 日曜日20日午後2時30分から午後4時30分まで:「一目見ただけでは見えないもの」    

7歳からのワークショップ訪問 

美術館では、現在94歳のジャン・マリー・ファージュの100点の絵画を見ることができます。子供の頃から、彼は芸術と詩に敏感でした。子供の頃に描いた絵をお見せします…若い頃、ジャン・マリー・ファージュは、画家になることを勧める詩人ルネ・シャールと出会います。それ以来、彼は彼が人生で楽しんでいる彼の詩人の友人や彼が描いた詩のコレクションとのコラボレーションを楽しんでいます。

「翼が広すぎて、家の周りを回って喜びを叫ぶスイフト。これが心です。 »ルネ・シャール、1947年。

 

美術館でジャン・マリー・ファージュの絵を発見した後は、庭の鳥たちと一緒に詩を描いて楽しんでください。

ワークショップは美術館の庭で行われます。

参加者は、自分の絵や絵の具を持参してください。

ジャン・マリー・ファージュの絵画は、小冊子「展覧会を発見してください!  「」

04 90 86 0379での登録時

  • 日曜日20時午後5時:カルテブランシュからラファエルティエリーへ

ラファエルティエリーは学際的なアーティストです。 1994年にペニンゲンのメットスクールオブグラフィックアーツのゴールデンドラゴンは、2005年と2006年にローマのアカデミードフランスのヴィラメディチに住み、複数の展覧会とパフォーマンスを制作しました。グラフィックデザイナー(芸術監督/作家-イラストレーター)と造形芸術家(画家、彫刻家、パフォーマー)、彼は現実とその表現、サインと抽象化、思考の道の具体化を精査するいくつかのアイデンティティの下で彼の芸術的実践を断ります。 2008年以来、彼は、児童書であるスーパードッグの冒険の著者兼イラストレーターであるラファーティを務めた後、クリスチャン・ヴォルクマンと協力して4本の映画やパフォーマンスを手がけてきました。

トレーニング、ローマのヴィラメディチでの遺産との関係、アーティストとしての職業はどのように表現されていますか?

 

Quo vadis 、格子彫刻、石膏、金属、2020年Vouland Museum

04 90 86 0379での登録時

9月15日火曜日午後2時30分-展示会のガイド付きツアー
ジャン・マリー・フェイジ「私は見たものを描く」

この展覧会は、17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションとの前例のない肥沃な対話のための美術館の住居での20を含む約100の作品を紹介します。 Jean-MarieFageです。94歳。彼は世界を詩人と絵画として見ることを決してやめませんでした。デザイナー兼カラーリストである彼は、現実を精査し、書き写します。リル・シュル・ラ・ソルグで生まれた彼は、子供の頃に片目を失い、芸術と詩に対する初期の感受性を育みました。若い頃、ルネ・シャール、オーギュスト・シャボー、ジョルジュ・ブラックとの出会いは、アーティストになりたいという彼の願望を裏付けました。パリで数年過ごした後、彼はヴォクリューズに戻り、40年以上の間、自然の中心にある彼のスタジオで絵を描くことに専念してきました。風景からワークショップまで、ジャン・マリー・フェイジは、彼が分解し、一連の計画で再構成する空間と色彩の調和に関する研究を展開しています。

 

04 90 86 0379の予約で

大人:8€|削減:6€|子供(-13歳):€2
9月13日日曜日午後4時-展示会のガイド付きツアー
ジャン・マリー・フェイジ「私は見たものを描く」
​​

この展覧会は、17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションとの前例のない肥沃な対話のための美術館の住居での20を含む約100の作品を紹介します。 Jean-MarieFageです。94歳。彼は世界を詩人と絵画として見ることを決してやめませんでした。デザイナー兼カラーリストである彼は、現実を精査し、書き写します。リル・シュル・ラ・ソルグで生まれた彼は、子供の頃に片目を失い、芸術と詩に対する初期の感受性を育みました。若い頃、ルネ・シャール、オーギュスト・シャボー、ジョルジュ・ブラックとの出会いは、アーティストになりたいという彼の願望を裏付けました。パリで数年過ごした後、彼はヴォクリューズに戻り、40年以上の間、自然の中心にある彼のスタジオで絵を描くことに専念してきました。風景からワークショップまで、ジャン・マリー・フェイジは、彼が分解し、一連の計画で再構成する空間と色彩の調和に関する研究を展開しています。

 

04 90 86 0379の予約で

大人:8€|削減:6€|子供(-13歳):€2
9月12日土曜日午後4時-コレクションのガイド付きツアー

ヴォーランド博物館を訪れ、 「生きる」、「五感」、「私的空間-公共空間」、「動く」など、健康危機の時代における私たちの新しい経験に共鳴するテーマを探求してください...博物館の住居を反映しています。

登録時:04 90 86 03 79
大人:8€|削減:6€|子供(-13歳):€2
9月8日火曜日午後5時30分-展示会のガイド付きツアー
ジャン・マリー・フェイジ「私は見たものを描く」

この展覧会は、17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションとの前例のない肥沃な対話のための美術館の住居での20を含む約100の作品を紹介します。 Jean-MarieFageです。94歳。彼は世界を詩人と絵画として見ることを決してやめませんでした。デザイナー兼カラーリストである彼は、現実を精査し、書き写します。リル・シュル・ラ・ソルグで生まれた彼は、子供の頃に片目を失い、芸術と詩に対する初期の感受性を育みました。若い頃、ルネ・シャール、オーギュスト・シャボー、ジョルジュ・ブラックとの出会いは、アーティストになりたいという彼の願望を裏付けました。パリで数年過ごした後、彼はヴォクリューズに戻り、40年以上の間、自然の中心にある彼のスタジオで絵を描くことに専念してきました。風景からワークショップまで、ジャン・マリー・フェイジは、彼が分解し、一連の計画で再構成する空間と色彩の調和に関する研究を展開しています。

 

04 90 86 0379の予約で

大人:8€|削減:6€|子供(-13歳):€2
9月3日木曜日午後2時30分-展示会のガイド付きツアー
ジャン・マリー・フェイジ「私は見たものを描く」
展覧会の共同キュレーター、オディール・ギチャード
FRIENDS OF THE VOULANDMUSEUMが主催する訪問

美術館のキュレーターであり、アーティストの友人であるオディール・ギシャールが、この詩人の画家の作品を紹介します。この詩人の20人以上が、美術館の住居の親密な雰囲気に調和しています。

1925年にリルシュルラソルグで生まれ、出身地域、特にリュベロンに忠実な彼は、宇宙の研究を発展させ、それを分解して平面と色彩の調和のセットに再構築します。

 

予約制(グループ限定20名様)

Louis VoulandMuseumの友達は無料

大人:8€|削減:6€|子供(-13歳):€2
AMLVプログラムを参照してください:ここをクリックしてください
8月30日日曜日午後4時-展示会のガイド付きツアー
ジャン・マリー・フェイジ「私は見たものを描く」

この展覧会は、17世紀と18世紀の装飾芸術コレクションとの前例のない肥沃な対話のための美術館の住居での20を含む約100の作品を紹介します。 Jean-MarieFageです。94歳。彼は世界を詩人と絵画として見ることを決してやめませんでした。デザイナー兼カラーリストである彼は、現実を精査し、書き写します。リル・シュル・ラ・ソルグで生まれた彼は、子供の頃に片目を失い、芸術と詩に対する初期の感受性を育みました。若い頃、ルネ・シャール、オーギュスト・シャボー、ジョルジュ・ブラックとの出会いは、アーティストになりたいという彼の願望を裏付けました。パリで数年過ごした後、彼はヴォクリューズに戻り、40年以上の間、自然の中心にある彼のスタジオで絵を描くことに専念してきました。風景からワークショップまで、ジャン・マリー・フェイジは、彼が分解し、一連の計画で再構成する空間と色彩の調和に関する研究を展開しています。

 

04 90 86 0379の予約で

大人:8€|削減:6€|子供(-13歳):€2
8月28日金曜日と8月29日土曜日午後8時30分-ジャンコクトーによる人間の声
キャサリン・アリアスが通訳した全文
パスカルジュミエ監督の作品
最後の会話への愛情と優しい愛を込めて電話をしている女性...

ルイ・ヴォーランド美術館の庭で

エントランス14rue d'Annanelle
06 10 45 5389に予約をお勧めします
正規価格:13€
割引価格:€7

サイクル訪問-午後4時から午後6時までの展示会のワークショップ
8月27日木曜日:緑の背景を持つ自画像 ?
8月28日金曜日:ソルグの謎
8月29日土曜日:テーブルのテーブル
ジャン・マリー・フェイジ展「私は見たものを描く」を訪れた後、カエデの木陰にある美術館の庭でのテーマ別ワークショップで子供たちを招待します。
テーマの詳細:

7歳から
1日1人あたりの料金:8€
11歳からのマスク必須
04 90 86 0379の予約
そして5人以上の子供たちのグループの予約によって
(営業時間外でも)